トップ

インプラント利点欠点

インプラントとブリッジ

インプラントは高いイメージ?

歯はだれも抜きたくはないですが、状態によっては元の歯を残念ながら抜かなくてはならなくなった時にその歯の部分に人工の歯を入れる方法があります。ブリッジは周囲の歯から金具で固定して、人工の歯を装着する方法。インプラントは歯茎に土台を設置して、そこに人工の歯を立てる方法です。金額的には、インプラントは医療保険適用外のため、どうしても高額(10万円ぐらい)になりがちです。もちろん、毎日使うものなので後々のことを考えれば、ある程度の費用は仕方ないところではありますが、費用面だけをかんがえれば、ブリッジのほうが安価ではあります。もちろん、歯や歯茎の状態で可能な治療方法に限りもありますので、医師と十分に相談のうえ、行うことが望ましいです。

インプラントとブリッジの違い

虫歯や歯周病、事故などで歯がなくなってしまった場合、歯の機能を取り戻すための補綴治療を行います。いろいろな種類がありますが、ブリッジとインプラントもその一種です。ブリッジとは、なくなった歯の両側の歯がしっかりしている場合、その両側の歯を支えに人工の歯を橋のようにかける治療方法です。両側の歯を削って土台を作り、冠を被せます。保険で受けられる治療です。インプラントとは、歯がなくなった部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療方法です。周囲の歯を削らずに済む治療方法ですが、自費治療となります。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントとブリッジ. All rights reserved.